喋々夫人

作曲:ジャコモ・プッチーニ
台本:ジュゼッペ・ジャコーザ、ルイージ・イッリカ。原作はデイヴィッド・ベラスコの戯曲。
初演:1904年2月17日、ミラノ、スカラ座

tickets & info


第一幕
20世紀初等の日本。舞台は長崎港を見晴らす丘に建つ家。アメリカ合衆国海軍中尉B・F・ピンカートンは、結婚周旋屋のゴローからこの家を借りることになっている。ゴローは家と一緒に3人の使用人と、蝶々さんという元芸者の花嫁も世話をした。賃貸期間は999年で、月毎の更新だ。アメリカ領事のシャープレスが息を切らせて丘を登って来る。「恐れを知らないヤンキーは、新たな経験と快楽を求めて世界を駆け巡る」と、自分の生き方を披露するピンカートン。妻となる若い女性に対して愛情を感じているのか、単なる気まぐれなのか、自分でもわからないが、とにかく結婚式を挙げようとしている。相手にとっては、結婚はもっと重い意味を持っているかもしれない、と領事に忠告されても耳を貸さず、「そんな心配は無用。いつか本物のアメリカ人妻を迎える」と言う。彼は領事にウィスキーを勧め、乾杯する。そこへ新婦となる蝶々夫人が友人たちと坂を登って来る。正式な紹介が済んで打ち解けてくると、彼女は自分の年齢が15歳であること、裕福だった実家が没落し、生計を立てるために芸者になったことなど、身の上を語る。蝶々夫人の親戚も到着しておしゃべりに花を咲かせる。蝶々夫人はピンカートンにささやかな嫁入り道具を見せる。また、夫と同じ宗教に帰依するため、すでにキリスト教に改宗したことをそっと告げる。神官が結婚の誓詞を読み上げ、親戚一同が新郎新婦を祝福する。そこへ突然、遠くから怒鳴り声が聞こえてくる。僧侶である蝶々夫人のおじボンゾが、先祖代々の信仰を捨ててキリスト教に改宗した彼女に腹を立てているのだった。ピンカートンは皆を追い返し、おじと親戚たちは口々に彼女を非難しながら帰って行く。ピンカートンは蝶々夫人を優しい言葉で慰める。女中のスズキに手伝ってもらって、蝶々夫人は花嫁の白装束に着替えると、ピンカートンと共に庭へ出て、二人は結ばれる。

第二幕 第一場
ピンカートンがアメリカへ戻って3年、蝶々夫人は夫の帰りを待ち続けている。神仏に祈るスズキを見て、彼女は「怠惰な日本の神々よりも、戻ると言った旦那様の約束を信じなさい」と叱る。シャープレス領事がピンカートンからの手紙を携えて来る。しかし読み上げようとしたところに、ゴローが裕福なヤマドリ公爵を連れて来て、蝶々夫人にしきりに公爵との再婚を勧める。蝶々夫人は客人に茶を出して丁寧にもてなしながらも、「アメリカ人の夫に捨てられたわけではないから結婚はできない」と言って縁談を断り、ゴローと公爵を帰す。シャープレスは、再度ピンカートンの手紙を読もうとしつつも、ヤマドリ公爵の申し出を考え直してみてはどうか、と勧める。憤慨した蝶々夫人は、「それでは、この子は?」とピンカートンとの間に生まれた幼子を見せる。動揺したシャープレスは、手紙の肝心の内容を話すことができず、ピンカートンに子供がいることを伝えると約束して退去する。港から船の到着を知らせる大砲の音が聞こえる。蝶々夫人とスズキは縁側から望遠鏡で見て、それがピンカートンの船であることを知る。蝶々夫人は大喜びで、スズキと共に庭の花を摘み、部屋中に撒き散らして夫を迎える支度をする。やがて日が暮れる。蝶々夫人とスズキと息子は港が見える窓辺に集い、蝶々夫人は寝ずにピンカートンを待ち続ける。

第二幕 第二場
夜が明ける。少しは休むようにとスズキに言われ、蝶々夫人は子供を連れて別室へ退く。シャープレスが、ピンカートンと彼の新しい妻ケイトを連れて現れる。スズキはそのアメリカ人女性が誰であるか気づき、そのことを蝶々夫人に伝える役目を引き受ける。罪悪感に耐えきれなくなったピンカートンは、その小さな家で蝶々夫人と過ごした日々に思いを馳せながら、その場から逃げる。蝶々夫人は、ピンカートンに会えると思って飛び出して来たが、そこにいたのはケイトだった。すべてを悟り、わが子をピンカートンに託すことを承諾する蝶々夫人だったが、せめて彼自身が息子を迎えに来るよう主張する。そして一人になると、父が自害に用いた短刀を取り出す。生きて辱めを受けるよりも、名誉のために死ぬことを選んだのだ。幼子が駆け寄る。わが子に別れを告げると、彼女は子供に目隠しをした。蝶々夫人が短刀を突き立てた時、彼女の名を叫ぶピンカートンの声が響く。