愛の妙薬

作曲:ガエターノ・ドニゼッティ
台本:フェリーチェ・ロマーニ
初演:1832年5月12日、ミラノ、カノッビアーナ座

tickets & info


第一幕
19世紀のイタリア。野良仕事の合間にひと休みする農夫たちの中に、ネモリーノという若者がいる。彼は美しい農場主アディーナが読書をする姿に見とれながらも、自分には高嶺の花だと思っている。皆から何を読んでいるか聞かれたアディーナは、トリスタンが魔法の惚れ薬を飲んでイゾルデの心を射止めた『トリスタンとイゾルデ』の物語の一節を聞かせる。そこへ小太鼓の音とともにベルコーレ軍曹が小隊を率いてやって来る。ベルコーレが花を捧げてアディーナに結婚を申し込むと、アディーナは、すぐには決められないけれど考えてみるわ、とまんざらでもなさそう。一方、ネモリーノと二人きりになると、「私のことを口説いている暇があったら、病気のおじさんの面倒を見てあげなさい。あなたは真面目で優しい人だと思うけど、興味ないの」と、つれない態度を取る。

偽薬を売り歩いているドゥルカマーラというペテン師が村を訪れ、何にでも効く万能薬があると宣伝する。いつもの口上をひと通り終えたところにネモリーノが近寄り、アディーナの本に書かれていた惚れ薬を持っていないかとこっそり尋ねる。もちろんある、と言ってドゥルカマーラはボルドーワインを取り出す。ネモリーノはなけなしの金をはたいてその“薬”を買って、すぐに飲む。ドゥルカマーラは、効き目が出るのは明日から(その頃には彼はもう村を去っている)と念を押す。アディーナが現れると、ネモリーノは早くも“薬”の効果を感じ始める。明日になれば、彼女は自分にぞっこんだと自信を持ったネモリーノは、わざと無関心を装う。その態度がしゃくに障ったアディーナは、当てつけにベルコーレといちゃついてみせる。そして彼に駐屯地への帰還命令が出ていることを知ると、すぐに結婚してもいいと言いはじめる。仰天したネモリーノは「一日だけ待ってくれ」と懇願するが、アディーナはお構いなしに村人全員を結婚式に招待する。ネモリーノは再びペテン師ドゥルカマーラに助けを求める。

第二幕
挙式前の披露宴。アディーナとドゥルカマーラがバルカローレを歌って招待客を楽しませている。アディーナはネモリーノの姿が見えないのが気になる。公証人が結婚証書を持ってくるが、彼女はネモリーノが来るまでは署名しないと言う。その頃、ネモリーノはドゥルカマーラに例の薬をもう一本売ってくれるよう頼みこんでいた。しかし先立つものがないので、誰かから金を借りて来るまで、一時間だけ宿で待っていてもらうことにする。挙式を目前にお預けをくらったベルコーレは面白くない。ネモリーノから、今すぐ現金が必要だと聞くと、「入隊すれば20スクードもらえるぞ」とそそのかす。入隊手続きをして現金を手にしたネモリーノが、さらにワインを買って戻って来ると、なぜか大勢の女の子に取り囲まれる。実は病気だったおじさんが亡くなって、彼に莫大な遺産が舞い込んだからなのだが、そうとは知らない彼は、いよいよ惚れ薬の本領発揮かと思いこむ。アディーナがやって来る。彼女はネモリーノの入隊に責任を感じているのだが、女の子に囲まれている彼を見て嫉妬を覚える。ネモリーノと女の子たちがいなくなると、ドゥルカマーラがやって来て薬の効き目を自慢し、すかさずアディーナにも売りつけようとする。アディーナは自分の力でネモリーノを振り向かせると言って、断る。

ネモリーノは、女の子に囲まれていた自分を見つめるアディーナの頬に涙が光っていたことに気づいていた。彼女の好意に自信を持ったネモリーノは、アディーナから彼女が入隊契約書を買い戻してくれたと聞いても、わざと無関心を装った。ついにアディーナは彼に愛を告白する。二人が腕を組んでいるところへ現れたベルコーレは、「女なんてほかにいくらでもいる」と言って潔くあきらめる。ドゥルカマーラが来て、一同にネモリーノが遺産相続したことを知らせ、彼の奇跡の薬さえあれば、恋も成就するし、貧しい農夫が大金持ちにもなれる、と自慢する。