ドン・ジョヴァンニ

作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
台本:ロレンツォ・ダ・ポンテ。モリエールの戯曲『ドン・ジュアンまたは石像の客』、G・ベルターティの台本によるオペラを参照したと思われる。
初演:1787年10月29日、プラハ、国民劇場

tickets & info


第一幕
17世紀のスペイン。夜、貴族ドン・ジョヴァンニの従者、レポレッロは、騎士長の館の外で主人のために見張りをさせられている。騎士長の娘ドンナ・アンナがドン・ジョヴァンニに抵抗しながら飛び出してきて、その後ろからアンナの父親が追い駆けてくる。騎士長はドン・ジョヴァンニに決闘を挑み、殺されてしまう。ドン・ジョヴァンニとレポレッロは逃げ去る。アンナは婚約者のドン・オッターヴィオに父の仇を取ってくれと頼む。
 朝。ドン・ジョヴァンニとレポレッロは、かつてドン・ジョヴァンニが誘惑して捨てた貴婦人、ドンナ・エルヴィーラに出くわす。彼女は今でも彼の裏切りを恨んでいる。レポレッロは、主人が誘惑したおびただしい数の女たちの氏名名前を記録した分厚い手帳(カタログ)を見せながら、主人の毒牙にかかった女は、あなたが最初でも最後でもない、と言うって慰めようとする。
 村人たちがマゼットとツェルリーナの結婚を祝っている。ドン・ジョヴァンニが花嫁に近寄り、「君にはもっといい暮らしがふさわしい」と言って誘惑しようとする。しかしドンナ・エルヴィーラが現れて、ツェルリーナを逃がす。また、父親を殺した犯人の正体を知らないドンナ・アンナが、ドン・ジョヴァンニに父の仇を見つけるために力を貸してほしい、と頼んでいるので、彼女にもこの男には用心するよう忠告する。片やドン・ジョヴァンニは「エルヴィーラは頭がおかしい」と言うので、アンナとオッターヴィオはどちらを信じて良いかわからなくなる。しかしドン・ジョヴァンニが去った後、アンナはその声が父を殺した男のものであることに気づく。そして、悲しみに打ちひしがれながらも、必ず仇を取ってほしい、とオッターヴィオに改めて頼み込む。彼はどうすれば婚約者の心の安らぎを取り戻せるだろうかと思案する。ドン・ジョヴァンニは結婚式に集まった客を全員、自分の館に招待し、今宵は酒を飲んで踊りあかそうと楽しみにしている。
 ドン・ジョヴァンニの館の外。ツェルリーナがマゼットに許しを求める。ドン・ジョヴァンニが来て二人を館に案内する。仮面をつけて現れたアンナ、エルヴィーラ、オッターヴィオをレポレッロが招き入れる。舞踏会ではドン・ジョヴァンニがツェルリーナと踊り、彼女を隣の部屋に引きずり込もうとする。しかし彼女が騒いだので、ドン・ジョヴァンニはレポレッロに罪をなすりつける。アンナ、エルヴィーラ、オッターヴィオが仮面をはずし、ツェルリーナとマゼットも加わって、全員でドン・ジョヴァンニを責める。彼は多少うろたえるものの、うまくその場を切り抜ける。

第二幕
服を交換して主人になりすましたレポレッロは、エルヴィーラを夜の散歩に連れ出す。その間にドン・ジョヴァンニがエルヴィーラの小間使いを誘惑する手はずだ。マゼットがドン・ジョヴァンニを懲らしめようと、大勢の村人を引き連れてやって来ると、レポレッロに扮したドン・ジョヴァンニは、協力するふりをして彼らをあらぬ方向に向かわせ、一人残ったマゼットを叩きのめす。ツェルリーナは傷だらけの婚約者を見つけて優しく介抱する。
 エルヴィーラはまだレポレッロのことをドン・ジョヴァンニだと思いこんでいる。二人の逢引き現場へ、アンナとオッターヴィオ、ツェルリーナとマゼットの2組が現れ、ドン・ジョヴァンニの行状を非難する。命の危険を感じたレポレッロは、変装を解いて逃げる。オッターヴィオは復讐を誓い、その間、アンナを支えてほしいと皆に頼む。これだけのことがあっても、エルヴィーラはドン・ジョヴァンニへの想いを断ち切ることができない。
 墓地。ドン・ジョヴァンニとレポレッロが、騎士長の石像の前で落ち合う。騎士長の像が「お前の高笑いも今宵限りだ」と警告する。ドン・ジョヴァンニは、脅えるレポレッロに命じて、石像を晩餐に招待させる。石像は招待を受ける。
 オッターヴィオは改めてアンナに結婚を申し込むが、アンナは父親の復讐が済むまでは出来ないと答える。
 エルヴィーラがドン・ジョヴァンニの館へ来て、生き方を改めてくれるよう切々と訴えるが、彼は笑い飛ばすだけだった。騎士長の石像がやって来てドン・ジョヴァンニに改悛を迫る。ドン・ジョヴァンニがきっぱり断ると、彼は炎に飲みこまれる。エルヴィーラ、アンナ、オッターヴィオ、ツェルリーナ、マゼット、レポレッロが現れ、それぞれが自分の今後を語り、また不道徳な男の末路を語る。