ラインの黄金

作曲:リヒャルト・ワーグナー
台本:リヒャルト・ワーグナー
初演:1869年9月22日、ミュンヘン、宮廷劇場

tickets & info

ラインの河底では三人のラインの乙女が、計り知れない価値を持つ黄金を守っている。ニーベルング族の小人アルベリヒがその光景に見とれている。乙女たちは、「この黄金を手に入れて指輪を作った者は世界を征服する力を手に入れることができる。ただしその前に女の愛を断念しなければならない」と彼に教える。言い寄っても乙女たちに相手にされない腹いせに、アルベリヒは愛を冒涜する言葉を吐いて黄金を盗んで逃げる。

神々の長ヴォータンは、妻のフリッカに責められている。巨人のファーゾルトとその弟ファーフナーに神々の城塞を建造してもらう代償として、若さの女神フレイアを与える約束をしてしまったからだ。巨人たちが約束の代償を求めてやって来ると、火の神ローゲが、フレイアの代わりに別の報酬をやろうと提案する。アルベリヒがラインの黄金から作った指輪とその他の宝だ。巨人たちは了解し、ヴォータンとローゲはニーベルング族の地下の国へ向かう。

地下の国でふたりの神はアルベリヒの弟ミーメに出会う。ミーメが作ったターンヘルムという隠れ頭巾は、かぶった者を望みの姿に変身させる力を持っている。ミーメはヴォータンたちに、アルベリヒがいかにニーベルング族をこきつかっているか訴える。アルベリヒが現れてヴォータンたちを愚弄する。ローゲが魔法の頭巾の威力を見せてくれと頼むと、アルベリヒはまず大蛇に変身し、さらにヒキガエルに変身したところであっさり捕まってしまう。地下から引きずり出されたアルベリヒは、金で作った財宝のすべてを、ニーベルング族を総動員して積み上げるよう強要される。ヴォータンはアルベリヒから例の指輪ももぎ取る。腹を立てたアルベリヒは「指輪の持ち主に絶え間ない苦労と死がもたらされるように」と呪いをかける。

巨人たちが戻ってきて、フレイアの代わりに金を受け取ることに同意する。隠れ頭巾も渡さなければならなかったが、ヴォータンは指輪だけは渡したくなかった。地の女神エルダが現れて、それを手放さなければ神々の終末を招くと警告する。しぶしぶヴォータンが巨人たちに指輪を渡すと、さっそくアルベリヒの呪いの第一犠牲者が生まれた。財宝を巡って巨人兄弟が争い、弟のファーフナーが兄を殺してしまうのだ。黄金を失ったラインの乙女たちが嘆く声が聞こえるなか、神々は新しい城に向かって歩いていく。ヴォータンは城をヴァルハラと名付けた。